スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11月17日(火)のトレード

昨日は月曜日なのにそこそこ動きましたが、今日は今一つな動きですね。  

やはり、明日のFOMCまでは様子見なのでしょうか・・・


今日はトレード開始が21:30頃。   22:30に米CPIの発表があったため、チャンスはそこでの動きしかない展開でした。

で、唯一狙っていたのがドル円だったのですが、結果は見送ってノートレでした。

一応解説します。


ドル円15分足(クリックで拡大できます)
17USDJPYM15


1時間足
17USDJPYH1

1時間足ではボリバンが玉ねぎとはいえないものの、先がすぼんだひし形のような形をしています。  

このような場合、条件が整えばⅤ字カウンターを仕掛けたいのですが、今日は前回高値にわずかに届かず、見送りになりました。


このとき、トレード仲間から「かなり厳密に判定するんですね~」と言われたのですが

この手法は「前回高値をいったん超える」ことがポイントなので、ここは絶対に譲れません。

ちなみにその人は「そうか、確かに超えてないと、再びすぐに高値越えを目指して動いてくるかもしれないですね」

と、すぐポイントを理解していました。


う~ん、自分は腑に落ちるまでもっと時間がかかったのに・・・(笑)




と、こんな感じで今日は久々のノートレでした。




さて、明日はいよいよFOMC。   正直言って「上下どっちでもいいから動け!」という感じでしょうか。  

おそらく発表時は寝ていると思いますが、木曜の朝を楽しみにしたいと思います。

ではでは。





↓更新の原動力です。ぜひワンクリックを。(ctrlを押しながらクリックしていただくとラクチンです)

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2015/11/18(水) | トレード論 | トラックバック(0) | コメント(0)

ジョコビッチと検証の話

FXとは関係ないのですが

先ほどまで、テニスの年間最終試合、ツアーファイナルの「ジョコビッチvs錦織圭」の試合を観戦していました。

実は私はテニスが趣味でして、最近は体調管理という目的もあって、週3~4回テニスをしています(壁打ちが多いですが)


そんな私にとって、ジョコビッチは最も尊敬する選手であり、錦織は最も応援したい選手。

どちらにも勝ってほしい、なんとも悩ましい試合だったのですが、やはり王者は強かった。

ジョコビッチ、最高です、しびれます。



私がジョコビッチを尊敬している理由を書くと大変長くなってしまうので割愛しますが

簡潔に述べると、「セルビア人」という彼の生い立ちに関係しています。

これ以上はこのブログの本筋からそれてしまうので、最後におすすめの本を紹介しておきます。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」

「悪者見参~ユーゴスラビアサッカー戦記」





ところで

先日一緒にトレードをしているスカイプ仲間から

「keyさん、毎日1か月分のチャート検証って、よくできますね。」と言われました。

このことについて思うことがあったので、少し書いてみたいと思います。





毎日のチャート検証を課すようになったのは、ここ半年ほどです。

それまでも、検証作業は嫌いじゃなかったので週末は相当時間をかけることもありました。 特にあっとないと流を学び始めた1年半前は、検証と師匠のブログチェックで1日のほとんどを費やしたこともあります。

さすがに最近はそこまで長時間はやらなくなりましたが

それでも、平日は毎日2~30分ほど、集中してやるようにしています。

特に、パターンの出現がレアな手法である「R26」や「Ⅴ2」は、いまだに見落とすことが多いので、やはり検証は欠かせません。



これは個人的な考えですが

トレード、中でもデイトレやスキャルピングって、スポーツに近いものだと思っています。

スポーツの中でも、個人競技ですね。  冒頭で述べたように、私はテニスが趣味であるので、プロテニスプレイヤーのツアー生活をよくイメージします(なんか大げさですが)


で、彼らはテニスがめちゃくちゃうまいわけですね、天才的に。

でも、当たり前ですが、毎日練習するし、試合の前はウォーミングアップをする。

フォームのチェックもするでしょうし、課題も常に設定していることでしょう。


サーブ、フォアハンド、バックハンド、フォアボレー、バックボレー、スマッシュ、ロブ、ドロップショット・・・

我々の目からは、すべて完璧に見えるそれらの技術にも、絶えず改善、改良の努力を惜しまない。

そして、試合に際しては最高の準備をして臨む。



トレードとスポーツが同類のものだとしたら

トレードにおいても、そういう準備をするのは当然だと思うのです。



もっとも、これはあくまで私にあてはまることであって、誰もがこうしなければいけないとは全く思ってません。


自分の場合、あっとないと流の前に他の手法を長く続けていたこともあり

トレード中にそのパターンが出ると、ついついエントリーしたくなってしまうという悪癖があります。


そのため、それを封印するためにも 「フォームチェック&ウォーミングアップ」という意味で、毎日検証しています。




こういう記事を書くと、なんだかストイックな奴だと思われるかもしれませんが

①そもそもチャート検証が嫌いではない(大好きでもないですが)
②本業の仕事の勤務時間が短いので、自由に使える時間が多い

という、非常に恵まれた環境があるからできるのだと思います。 嫌いなことや、「無理してる」感があるものは、そう続くもんじゃありません。


無理せず、ある程度楽しく、コツコツと続けられること

そして、そのハードルを少しずつ上げていくこと

これが大切なのかなと思います。





さて

土曜日にはフランスで大きなテロ事件がありました。

週明け月曜は相場が荒れる可能性がありますね。

犠牲者のことを思うと心が痛みますし、今後の不透明、不安定な世界情勢を考えると大変心寒いのですが


トレーダーとしては、荒れる相場で手痛い傷を負わないように、細心の注意を払いたいところです。


ではでは、今週も頑張りましょう!



↓更新の原動力です。ぜひワンクリックを。(ctrlを押しながらクリックしていただくとラクチンです)

人気ブログランキングへ

2015/11/16(月) | トレード論 | トラックバック(0) | コメント(0)

とあるビジネスセミナーにて

トレード以外の収入源についても考えている人は多いかと思いますが、自分もその1人で、現在とあるビジネスセミナーで学んでいます。  昨日はその会合に参加して来ました。

そのセミナーにはFXのトレーダーも多く在籍しているのですが、会合の後の懇親会でトレード初心者の人に悩みを相談され、自分はこのように話しました。


「トレードって車の運転に例えられると思うんです。  交差点で左に曲がろうと思ったらブレーキを踏んでスピードを落とし、ウィンカーを出して、ハンドルを左に切れば曲がれます。   でも、ブレーキの踏み方やハンドルの切り方っていつも同じゃないですよね? 交差点の形状や、その時のスピードによって変わってきますよね?。  

裁量トレードってそういうことだと思うんです。   車の運転では、ブレーキを踏んでウィンカー出してハンドルを切れば車は曲がるということは教習所で教わる。  トレードもインジケーターがこうなってロウソクがこうなったら○○する、というのは商材や書籍や師匠について学ぶ。 

 でも、運転においてその時々の道路状況に合わせて柔軟に対応するのと同じように、トレードでもその時々の状況に柔軟に対処しなければならないし、その部分がまさに「裁量」だと思います。

その裁量の部分は、過去チャートの検証だったり、リアルトレードだったり、やはりそれなりの経験が必要なんじゃないでしょうか。

だって、トレードって明らかに車の運転より難しいですからね。」


さらに、自分の用いている手法に自信がない・・・ という話が出たので


「自分の手法の優位性を心の底から信じきれないと、絶対に勝てません。  大げさに言えば、自分の手法を愛してやまないレベルにならないとダメだと思いますよ。」

と少し強めに言ってしまいました。


もしかしたら、気分を害してしまったかな・・・  なんて思ったのですが、その方は

「その説明、ものすごくわかりやすいです。  keyさん、もっとトレードを人に教えるべきです!」

そのように言ってくださいました。



かなりうれしかったし、自信にもなりました。

それと同時に、やっぱり自分にはネットよりリアルの方が向いてるんだな~と、改めて感じました。


やはり、面と向かってやり取りするほうが、五感を刺激するし、理解も早いですから。

将来的にはトレードのスクールをやりたいと思ってまして、いい経験になりました。



ではでは。


↓更新の原動力です。ぜひワンクリックを。(ctrlを押しながらクリックしていただくとラクチンです)

人気ブログランキングへ


2015/10/26(月) | トレード論 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。